teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


酒石

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年12月27日(土)10時41分37秒
  昨夜開けたワインで、久しぶりに酒石を見ました

拡大すると本当に結晶に見えますね

このワインは
伊国DOCG バルドリーノ スペリオーレ サンタルチア
ブドウ品種  コルヴィーナ、ロンディネッラ、マルツェミーノ、バルベーラ
生産者    カヴァルキーナ ピオーナ家

今年の7月頒布会Cコースで購入した1本です

ほかの皆さんはどうでしたか?
 
 

新しいワインの科学

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年12月 7日(日)10時13分5秒
  11月に本屋さんで来年の手帳を購入しました
本屋さんに行くこと自体が珍しくなってしまいまして、通販が多いですね
本屋さんでアチコチ回ってると、【新しいワインの科学】が目にとまり、パラパラ見をして即購入しちゃいました
頭でワインを飲む気はありませんが、知っていると美味しく、楽しく飲めるのも事実です
まだ読み始めたばかりですが、踏み込んだ内容となってます
巻末には多少の用語解説があるので、専門用語に疎くてもそれなりに理解できるのではないでしょうか?
興味がある方は買ってみましょう

一昨日からの雪処理が進まずに、しょっちゅう外に出てはチマチマと突いて雪を消してます
おかげで読書も、年賀状印刷も進みません
嫌な季節になりました
 

ぶどうのなみだ

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年11月 9日(日)21時10分3秒
  10月に邦画【ぶどうのなみだ】が公開になりました

http://budo-namida.asmik-ace.co.jp/

北海道でピノ・ノワール栽培醸造に取り組んでいる内容だそうです

ピノ・ノワールにしては、予告編冒頭のワインの色の薄さ、ビンの怒り肩型に違和感を感じたのは私だけ?

ブドウ樹の選定した切り口から滴り落ちる樹液は、春の訪れを告げるもの!

秋に公開された理由は、映画を見ると解決するでしょうか?

ワインの売れ行きが上向くでしょうか?
 

新しいワインの科学

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年11月 9日(日)20時50分20秒
  本屋さんで面白そうなワイン本を見つけました

その名は【新しいワインの科学】、8年ほど前に発売されたものを改訂したようです

ワインは頭(知識)だけで飲んでも美味しくないけど、知ってると美味しくなるだけでなく、楽しくなるのも事実ですよね

さあ、ワインのどんなことが科学されているのか、楽しみです

 

エルミタージュが移転してた

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年10月26日(日)16時59分20秒
  上越市仲町にあったワインサロン・エルミタージュが移転してました

今月、高田駅前を車で通ったら、ウィンドウにビッシリとビンが並べられていたお店を見かけました

先日、歩く機会があったのでそのお店の名前を見たら、エルミタージュでした

てっきり仲町にあると思ってましたが、いつのまに移転したんでしょ?

仲町にあったときは、一度も足を運んだ事がなかったんですよねぇ

http://www.week.co.jp/gourmet/114002/
 

次回の頒布会コースは?

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年 8月31日(日)20時56分15秒
  8月で頒布会がいったん終わりました

次回のコースをどうしようかとパンフを眺めました

あの生産者、この生産者

あの銘柄、この銘柄

あのコース、このコース

おまけワインあれこれ

たぶん、次回はイタリアのDコースにしそうな気がする




アレコレ迷っているうちに、もうすぐにヌーヴォーの予約の話が来るんだろうな~

この2年連続で出来が悪い感じがするのですが、気のせいだったのかな?

ブドウの出来はどんなんでしょうか?
 

MDを聴けない

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年 8月31日(日)20時39分29秒
  昔々はラジオ番組をカセットテープにエアーチェックし、MDが発売された後は早々に切り替えました

2年ほど前にMD再生&録音可能な機器が壊れてしまい、最近になって代替機を探したらどのメーカーからも発売されていない有様じゃありませんか

ところがカセットテープは生き残ってるし、VHSもそう!

意を決してMDデータをPCに残すために家電通販を探った~

結果、中古を見つけ注文した

数日中に商品が届くのだろうけど、中古だけにちゃんと動くのか?

今はエアーチェックにはインターネット・ラジオで録音してます

先日、職場仲間と飲んでいて『エアーチェックで録音』云々といったら意味が通じなかった・・・

世代のギャップを感じたのでした

同じMDの悩みを持ってる人、いませんか?
 

頒布会 今期のヒットワイン

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年 7月21日(月)10時35分58秒
  今期のなんだらしいは頒布会Cコースを利用してます

7月19日(土)から3連休なので、1本ならば飲めるだろうとキュポンと開けました

香り高く、色合い濃く、アルコールも高め、酸味が強く、なかなかの逸品だなぁとグラスはドンドン進みます

こういうタイプの赤ワインは好きです

この時点でラベルをろくすっぽ見てません  せいぜい産地がコート・デュ・ローヌって事くらいね

一晩で空けるのが勿体なかったので、途中で止めといて翌日に持ち越しました

翌日に改めてラベルを見ると、この生産者は批評家R・パーカーが最高ランクの五ツ星を付けてたんですね

さらに、裏ラベルの片隅には『AB』マークが付いてるのを発見!

『AB』とは、アグリキュルチュール・ビオロジックの認証を受けてる証拠です

これぞ本格自然派ワインの1本です

飲み終える頃には、瓶底に澱がビッシリと残ってましたが、グラスにほとんど入ることなく、最後まで美味しく頂きました

今回のワインは頒布会4月の1本でした  問合せ番号:F574

頒布会資料によると
ワイン名:ケラーヌ・レゼルヴ・デ・セニョール
ブドウ品種:グルナッシュ、ムールヴェードル、シラー
赤、フルボディ
生産地域:フランス コート・デュ・ローヌ
生産者:ドメーヌ・ロラトワール・サン・マルタン
「古いものは70年以上になる樹齢の高い葡萄から造られるローヌ南部の赤。
葡萄は農薬、化学肥料を使わず、ビオディナミで栽培しています。
赤い果実やなめし皮、スパイスなど、複雑で深みのある味わいです」


頒布会Cコースご利用者の皆様で、すでに飲まれた方、感想はいかがでしたか?
 

NF 10年

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年 6月22日(日)19時22分30秒
  ンヵ月前に朝日屋さんの片隅で、静かに眠っていた自然派ワインを購入し、先ほど開けました

生産者は仏国ロワールのクリスチャン・ビネール、2004年産のMuscatです

「マスカット」と読みたくなるのですが、「ムスカ」、「ミュスカ」と読むようでして、確か食用「マスカット」とは別物だったと記憶しています

開栓前は、NF(ノン・フィルター)ゆえに白ワインとは思えぬほどに澱がユラユラしていましたが、ビン内の上下差を無くすために、あえて振りました

普通のワインならば、こんな真似しませんけどね~

見た目は美しくありませんでしたが香り高く、開栓後2時間を過ぎても色も良く、何といっても揺さぶったはずなのに、ビンに澱が見えない!

見事なまでに澱が溶けた?  今一度ビンを見るとやっぱりフワフワしてましたぁ

この勢いだと、一晩で空いてしまいます

さすが、自然派ワイン!  良いワインだと喉が証明してます
 

片付けろと

 投稿者:なんだらしい  投稿日:2014年 5月 6日(火)19時19分21秒
  長らくワイン本に手が出なくて、通販袋入りのまま山になってます

「ワイン本読んでる暇があったら、コレを読め、アレをしろ」と、ここ数年はこんな状態です

おかげで段ボールに収まりきれず溜まってく一方です

そして、とうとう題名の「天からの声が聞こえた」ような気がしました

しかたなく、GW連休に入るや否や日中は読書三昧で、3冊を読み終え、現在4冊目です

読みながら索引を付けてまして、後日の調べものの役に立ててるのですが、これが眼に良くない~

老眼が進んだので、手元とモニターの距離の違いで焦点が合わなくて疲れるのです

近年のワイン本離れは、こんな事も影響してます

連休中に飲んだワインは、たった1本

これじゃイカンな

また90年代後半のようなワインブーム来ないかね?
 

レンタル掲示板
/40