teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


過去の日本人移民問題

 投稿者:うさぎ  投稿日:2013年10月19日(土)14時54分31秒
返信・引用
  過去の日本人移民問題

http://music.geocities.jp/jphope21/02/9/100.html

過去の密入国が外務省公認で行われていた。

( http://music.geocities.jp/jphope21/01/8/102.html )
 
 

震災被災者への物資提供

 投稿者:しのつか  投稿日:2011年 6月19日(日)11時42分47秒
返信・引用
  下記サイトは、被災者の方への物資提供支援として、掲示板のような形で物資要望の書き込みがあります。また、提供できるものを登録することもできます。NHKニュースで見ました。
直接の援助として有用と思います。ぜひご一覧ください。

http://agemasu.jp/
 

奨学生の集い

 投稿者:しのつか  投稿日:2011年 2月 6日(日)11時36分12秒
返信・引用
  1月末に、「大隈奨学生の集い」というものがあり、出席しました。他に参加された方はいらっしゃいますでしょうか。私の時代には経済的理由優先でいただける奨学金でしたので、大変恩義を感じており、呼び出された感じでした。
現役学生約200名、卒業生約50名でにぎわっていました。総長、大学側、および奨学生からそれぞれお言葉があり、社会に貢献するとか、感謝の言葉を聞くたびに冷や汗の出る思いでした…。
奨学金をいただいた10年後、20年後にご案内をいただくそうです(10年前はありませんでした)。今後該当される方は心してお待ちください。
 

箱根駅伝、往路は2位

 投稿者:ふくちゃん  投稿日:2011年 1月 2日(日)17時03分52秒
返信・引用
   新春恒例の箱根駅伝第1日目は本日2日、大手町から箱根町までの往路5区間、108キロで関東の19校と関東学連選抜の計20チームが争いました。早大は1区からトップを守って、4区を3時間59分26秒で通過しました。前田悠貴からバトンを受けた5区の猪俣英希(4年)はトップを独走、打倒・東洋大の柏原に挑みました。出雲、全日本に続く大学駅伝3冠を目指す早大はその夢を猪俣に託しました。
 しかし、10キロ地点で総合3連覇を狙う東洋大のエース柏原竜二(3年)がハイペースで首位猪俣との差を1分30秒まで詰める猛追を猛追。残念ながら早大は1区から守った首位を、27秒差で東洋大に明け渡し、2位に終わりました。目標に掲げていた16年ぶりの総合優勝を僅か27秒差で逃した早稲田。山での苦戦など幾つか要因は考えられますが、柏原竜二がその勢いで復路を走り抜き、初優勝を掴んだ相手の東洋大を素直に褒めるべきでしょう。東洋大は史上初の3年連続区間新記録を樹立しました。

 明日3日の最終日は5区間、109・9キロの復路が実施されます。箱根のスタート6区は、4年生の高野寛基、最終大手町までの10区の走者は2年生の萩原涼とのこと。逆転の復路優勝を目指します。エンジのWマークが頂点に輝くことを期待します。
 

紋付はかま?

 投稿者:ふくちゃん  投稿日:2011年 1月 2日(日)16時59分17秒
返信・引用
  > 男性版はいかがでしょうか
私の家の紋は、薩摩の島津家と同じ丸に十の字。
着物はありますが、はかまを持っていない。
紋付パンツや紋付ズボンじゃダメですよね。

http://matiere.at.webry.info/200607/article_2.html

 

男性版?

 投稿者:しのつか  投稿日:2010年12月26日(日)22時30分58秒
返信・引用
  マライア・キャリー、妖艶ですね。男性版はいかがでしょうか。
服装は正装でおねがいします。MacのCMのような、歌舞伎役者の紋付はかまなどよいですね。
それとも大隈侯の銅像?
 

志木稲門会HPに

 投稿者:やなさん  投稿日:2010年11月28日(日)08時57分36秒
返信・引用
  皆さんこんにちわ。志木稲門会HPに「文芸コラム」が開設されました。福井さんには偶然昨日三番街の路上でお会いし、御礼を申上げましたが、「小春日和」の詩も良くて志木稲門会HPに格調をもたらし、高尚な雰囲気を感じています。ありがとうございました。
 ところで、寒くなると肉まんが美味しくなります。昨日は柳瀬川駅前のコンビニで、家族にもと「肉まん」を買って帰りました。家に戻り冷蔵庫を開けますと、別の「肉まん」がドーンと鎮座していました。家内曰く「駅前のサミット(スーパー)で買ったの・・・」とのこで、せっかくですので食べ比べをしてみました。2つの「肉まん」に冬の味覚を堪能いたしました。そこで、僭越ながら一句。
 肉まんを 集めて食べて 柳瀬川。
たいへん失礼しましたが、皆さんもいかがですか。
 

神宮大会、早稲田が初優勝

 投稿者:ふくちゃん  投稿日:2010年11月18日(木)19時32分45秒
返信・引用
  第41回明治神宮野球大会(明治神宮&日本学生野球協会主催)大学の部第5日=決勝戦が、本日2010/11/18、神宮球場で行われました。決勝戦は、初優勝を目指す早稲田と、27年ぶり4回目の優勝を目指す東海大の対戦となりました。結果、早稲田が2対1で東海大を破り、悲願の初優勝を果たしました。

早稲田は、広島からドラフト1位で指名を受けた福井優也投手がこの大会初めて先発し、6回1失点と好投しました。打線は、5回まで東海大のエース、菅野智之投手に無得点に抑えられましたが、1点を追う6回、満塁のチャンスを作り、4番の山田敏貴選手の2点タイムリーヒットで2対1と逆転しました。7回からは、西武から1位指名を受けた大石達也投手が登板し、5つの三振を奪う力投で8回までを完ぺきに抑え、9回も日本ハムから1位指名を受けたエースの斎藤佑樹投手が完ぺきに抑えて逃げきりました。早稲田は、2対1で東海大に競り勝ち、出場11回目で初めて優勝を果たしました。(この項、NHKニュースより転載)

試合結果 リンク
日本学生野球協会WebSite
 http://www.student-baseball.or.jp/game/jingu/2010/game30.html

http://matiere.at.webry.info/

 

埼玉県支部大会参加報告

 投稿者:寺内親爺  投稿日:2010年11月15日(月)13時04分29秒
返信・引用
  去る、11月13日(土)に上尾稲門会主催で開催されました校友会埼玉県支部大会に一ノ倉会長と共に参加してきましたので概要を報告致します。

支部大会は第一部として商議員・役員幹事懇談会が開催され、一ノ倉会長が出席されました。一ノ倉会長は地域稲門会会長として県支部の幹事に就任されました。

第二部は富永上尾稲門会会長、小嶋埼玉県支部長、島村上尾市長、鎌田早稲田大学新学長、大塚校友会常任幹事の挨拶に続いて、奥島早稲田大学第14代学長の講演がありました。

第三部の懇親会では、48支部中で最大となる29の地域稲門会の他、埼玉りそな銀行、県庁、県議会の3職域稲門会から300名以上の参加者が集まり、東京稲門グリークラブの合唱等のアトラクション、応援部現役の校歌斉唱、エール等を含め約2時間に亘り交流を深めました。

また、昨年設立され蓮田白岡稲門会や本年設立された志木、新座、和光、富士見、朝霞の各稲門会が紹介され、各会長の挨拶がありました。

尚、来年の埼玉県支部大会は深谷稲門会主催で深谷市で開催される予定です。

【奥田元総長の講演要旨】
現在の日本はかつてのイギリスのように落日を迎えている。今日のイギリスの再興・成長はパブリックスクールを中心とした教育の影響が大きい。パブリックスクールは文武両道にたけたエリート集団、世界のリーダーの育成をその教育の目的にしている。
早稲田の原点はかつての大隈公が実践した日本の村長育成、エリート育成大学であり、日本の近代化の下支えを担っていた。今の早稲田はテクニカルな知性を中心とした教育を行っているが、今後は人間の根源である「野生」を引き出す教育を行う必要がある。坪内逍遥はかつて「知性より感動を、感動よりも実践を」と唱えていたが、これこそが今の早稲田に求められている理念である。

欧米の大学はスポーツと共に勉強も一生懸命やっている。米国大学協会(NCAA)が後援してスポーツ選手には家庭教師も付けて勉強もしっかりさせている。
かつての早稲田の一流選手は朝から晩まで運動だけで授業には出ずに勉強はしないという風習があった。アメリカでは成績の悪いスポーツ選手は試合に出さないという伝統がある。自分が総長だった頃に授業に出ない選手は認めないという文化を作り上げた。今は早稲田のスポーツは盛り上がって来ているが、選手は授業にはちゃんと出て、1日2時間程度の合同練習をするという方向に変わってきている。欧米流の選手養成の様に合同練習は数時間、残りは自主トレを中心に練習をするという方向に変わってきている。ラグビー部の監督は選手の成績のチェックを行うことが仕事の第一になっている。このようにスポーツをして、勉強もするようにして初めて野性味のある若者を育てることができると考えている。

早稲田にはかつての石橋湛山、小浜利得等日本を左右するようなエコノミストがいたが、現在はそのような早稲田卒のエコノミストがいない。

早稲田は早稲田魂をもった教員の育成に力を入れているが、これは早稲田出身の教員で固めるということではなく、早稲田以外からも優秀な教員を世界規模で集めることを意味している。現在は40%が早稲田出身以外の教員が占めている。

この様な教育体制を整えることで、立派な日本人を育てること、早稲田の人間は早稲田らしい人間になることを目指して、過去に実践したBest Practiceをもう一度行うことを目指したい。

かつての早稲田はベルリンオリンピック250名の選手団の中に早稲田マンが50人もいた程のスポーツ王国であったし、ジャーナリズムの業界はかつては早稲田出身者が多かったが、今は慶応出身者が多くなっている。

これでは早稲田の伝統を生かせない、かつての輝きを取り戻すことを目標にして行きたい。
また、早稲田は外国からの留学生や研究者を積極的に受け入れることで異文化交流の場にし、将来に希望の持てる早稲田にし、各界のリーダーを養成する大学にしたい。
その意味で世界中から良い教員を積極的に集め、教育力を高めることを実現して行きたい。
                                (文責:寺内親爺)
 

500アクセス達成、おめでとうございます。

 投稿者:寺内親爺  投稿日:2010年11月15日(月)12時52分5秒
返信・引用
  10月12日にのカウント再開以来1カ月余りで、本日ついに志木稲門会HPへのアクセスが500回を超えました。
会員の皆様の関心の高さに感激しています。
今後もHPを通じて様々な情報を発信していきたいと思いますし、会員の皆様からのご意見、ご要望もお待ちしていますので宜しくお願い致します。
皆様のますますのご健勝とご発展を祈念しております。
 

レンタル掲示板
/3