teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 所沢市の債務残高は1000億円(1)
  2. 返信ありがとう(0)
  3. 返信ありがとう(0)
  4. 全力全開(0)
  5. ぽろりっ(0)
  6. ぽろりっ(0)
スレッド一覧(全6)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


帯広 違法民泊 ヤドカリの家

 投稿者:消防法違反 ヤドカリの家  投稿日:2016年11月16日(水)06時31分2秒
  ライダーズハウス やどかりの家 ヤドカリの家 北海道帯広市 ツーリスト 観光
ヤドカリの家、帯広市東九条南16-1 070-5609-3369
他の掲示板などからも拾いまとめてみました、いい話が多いですが、現実も書いておきました。

やどかりの家に徒歩で行くと普通に泊めてもらえません。北海道は鉄道も、バス代も高いのにです。
予約も不可です。バックパッカーを毛嫌いします。
ここの経営者夫婦は非常に偏見やくせがありオートバイか、自転車の旅行者でないと
旅行者として扱わず、泊めてもくれません、大雨の中やっとたどり着いたのに追い返されました。
頭にきました、明確な理由も言わず、その割りに警官でもないのに職務質問のような質問ばかり聞いて来ます、

それらをスラスラ応えられないと疑いの目でみられ、犯罪者を見るような目つき、扱いをします。
人により、帯広についてから天候やバス便をみながら旅行予定を立てる人もいるはずですが猶予を
与えてくれません。
自分より年下で20代~30歳くらいまでの素直な旅行者でないと駄目みたいです。

1日中、入り口に陣どって絶えずタバコを吸い、出入りを見張ってるし、トイレ、自炊も見える範囲で
いちいち前を通らないと行けないのでほんとに息が詰まります。
「働かないといけないじゃないか、仕事は何をしてるんだ、貯金は?旅費は?」プライベートの中身まで小うるさい!
宿代でのほほんと遊んで遊んで暮らしてるのはお前達夫婦じゃないかよ、って文句を言いたくなりました。

HPも開設しておらず、メールもなし、詳細もわざと書いてないのは、気に入らないやつを追い返す為です。
人物が気に入らないと、自転車やバイクで来ても追い返す事があると言ってました。

まず、シャワーなり風呂はありません、1泊800円の雑魚寝、寝袋を持参してないと文句を言います。
隣のホムセンで今から買うからと言っても聞いてもらえません。
ほんとにバカらしい宿です。
「汗臭いぞ、お前、汗臭いぞ」と言いながら後ろを付いてきます。お前出て行けよ、と言ってるのと同じです。
シャワー程度の設備もないのに、よく言うよ、と思いました。

それから、銭湯(450円)が近くにあるんですが、入りに行かないと文句を言い始めます。
同じ言葉で、「お前、汗臭いぞ~」と周囲に聞こえるように大声で言いいつづけます。
外シャワーくらい設備をしておけよ、と文句も言いたくなりました。

又、宿泊者達と経営者とのシェア飯に参加しないとこれも文句を言い始めます。
食材の買出し、割り振り、片付けなどをキチンとしないと駄目です。メチャクチャうるさい!
夜の時間帯、好き嫌い、その日のコンデション、予算などあるのに、いちいちうるさいと思いました。
ほんとにメチャクチャうるさいライダーズハウスです。

以上、頭に来たので、他の掲示板から拾った記事と、体験を書いています。
北海道の人はおおらかな人が多いと思ってましたがまったく違い視野が狭く、偏見なり、くせがあり過ぎで
これならキャンプ場を利用した方がいいと思いました。
二度とライダーズハウス、ヤドカリの家には、行きませんし、絶対に泊まりません。
北海道全体が嫌いになりました。二度と行くかよ!


やどかりの家はもぐりで旅館業をしています、消防法を無視しています。設備がありません。
入り口付近で火災になったら、煙にまかれて数名の死亡者が出ると思います。
そんな建物構造です。入り口部屋は、違法増築もしていました。
どしどし通報してあげてください。行政指導を受けさせてください!
消防が入れば営業停止となると思います。


● 帯広消防署  もぐりで旅館業をしてます、通報して行政指導をしてもらいましょう!
〒080-0016 北海道帯広市西6条南6丁目3-1 帯広消防署 0155-26-0119
消防法違反は重罪です、死人が出たら過失で刑務所に入る事になります。

ヤドカリの家は、もぐりで旅館業、簡易ホテルを経営してます。
本業の旅館業などの営業妨害をしています。通報してあげてください!

● 帯広市役所  市民相談室 市庁舎 1F 0155-65-4200
〒080-8670 北海道帯広市西5条南7丁目1番地  電話 0155-24-4111


民宿など小規模な宿泊業をする場合、保健所で簡易宿泊所営業の許可が必要です。
この許可を取る際に、施設の設備や構造、建築確認、消防署の立ち会い、水質検査等々の確認が必要になります。



北海道、 帯広市 帯広市 帯広観光 スポット

北海道の東部にある帯広市。豚丼やスイーツなどで有名な町。

愛国駅・幸福駅は、「愛の国から幸福へ」で名をはせた有名な駅です。愛国駅は、当時の姿そのままに残されており、駅舎の中は交通記念館として実際に使われていた切符やパネルを展示しています。

ここでしか見られない世界で唯一の競馬、ばんえい競馬。サラブレッドよりも大きなばん馬がソリを引く姿は迫力抜群!スピードがゆっくりなので、馬と並んで走りながら応援することもできますよ。

「馬の資料館」は、帯広競馬場の敷地内、とかちむらの隣にある施設です。十勝の開拓に貢献した農用馬の馬具や、農耕に使用した農具などを展示、紹介しています。

「おびひろ動物園」は北海道で2番目に誕生した動物園。規模は小さめですが、北海道ではここでしか見られない象がいたり、キリンやかば、人気のホッキョクグマなど様々な動物が間近で見られます

http://frte67dewds.bbs.fc2.com/

 
 

感謝

 投稿者:ZS   投稿日:2016年 5月 2日(月)14時20分34秒
  素晴らしいホームページを拝見させて頂き、数多くのものを勉強させて頂きました。心から御礼申し上げます。
私自身が徳川綱吉時代の文治・文化政策について研究しておりますが、綱吉の財政の面においても力強いリーダーシェップが発揮したことを初めて気づき、よかったと思っております。

いつかどこかでお目にかかれる機会に恵まれれば、直接にお教えを賜りたく思っております。
 

埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人を業務上横領で刑事告発

 投稿者:埼玉  投稿日:2015年 5月 7日(木)18時47分31秒
  埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人を業務上横領で刑事告発





たなか・さぶろう 1947年8月15日、栃木県生まれ。茨城県立古河第一高校卒。67年7月、埼玉県警巡査に採用される。寄居署長、少年課長、交通部理事官、西入間署長、越谷署長などを経て2005年警察学校長。趣味は読書(中国文学)。

 秋風が吹き始めた庭を眺めて、田中三郎(六二)は、自宅にいた。写真撮影をお願いすると、きまじめに背広、ネクタイに着替えてくれた。応援セットの向こうには、警察手帳をコピーした埼玉県警のエンブレムが飾ってある。

 「人に聞かれれば“自宅待機中”と答えています。誰が来ても、あるいは呼ばれても、いつでも対応できるようにです。あの日から警察の仲間たちとのつきあいは絶ちました。迷惑がかかっても因りますから。酒は一滴も飲んでいません。いざというときに不覚を取っ
てはいけないので」
 ひとつひとつの言葉を確認するように語る。


 二〇〇七(平成十九)年九月。田中は六十歳定年を半年残して、四十年間勤め上げた埼玉県警を退職した。三つの署長、警察学校長などを歴任し、階級は警視正だった。高卒のノンキャリアとしては、ほぼ最高の地位まで出世した。普通なら外郭団体の専務理事などに天下るのが通例だ。だが、再就職の斡旋はすベて断った。機関誌「秩父嶺」には、こんな最後のコメントを残した。


 「素晴らしい後輩の皆さんヘ。『警察職員は憂えず懼れず』。制服のときも非番のときも、家族とくつろいでいるときも、県民の方々が素朴に思い描いている格好のいい警察官、心から拍手を送りたくなるような強くて頼りになるお巡りさんを演じ続けて欲しいと願っています。『自ら反みず縮んば千万人と雖も吾往かん』(略)」


 田中が前任者の元警察学校長、元同副校長らを業務上横領の疑いで刑事告発したのは、この二カ月後の十二月六日のことだった。告発状などによると、元校長らは共謀して、警察学校内で売店を経営する会社から同校の親睦団体・校友会に対する助成金約百二十五万円を着服した。
 詳細を田中が語る。


 「〇五(平成十七)年三月。校長に着任して引き継ぎ書類を見るうちに、その事実に気付きました。四カ月ごとに校友会に入金されていた助成金が前年四月に突然消えた。事務員を事情聴取すると「校長の指示だからと言って副校長が持って行った』と。これは変だ」

 資料を集め、教職員から事情を聴いた上で本部に持ち込んだ。いずれは何らかの処分が発表されるものと考えていた。だが、待てど暮らせど動きはなく、それどころか田中はこの件に関する情報から遠ざけられた。
 不信感が募り、やがて憤りに変わった。
 「警察は公明正大に生まれ変わったはずではなかったのか」
 これに先立つ二〇〇〇年ごろ、全国の警察で不祥事が相次いだ。

危機感を抱いた国家公安委員会、警察庁は「警察改革」に着手。「警察改革要綱」をまとめた。田中自身も改革にかかわり、警察庁に出向後、二年間の九州管区勤務を経て古巣の埼玉県警ヘ帰ってきた。よもや、そこでこのような不透明な金銭処理がされているとは思わなかった。

 長い問、一人で悩んだ。見ないふりを決め込むこともできる。
 巡査の時代から、つらくとも楽しかった警察官生活の思い出が頭を駆け巡った。微罪で取り調べた被疑者が実は爆弾事件の全国指名手配犯で、本人に告白され、大騒ぎになったこと。警備訓練で山中を大汗をかいて走り回ったこと…。そうやって人生のすべてをつぎ込んだ県警を、“告発”することなどできるのか。


 だが、どうしても譲れなかった。生まれ故郷の栃木県藤岡町で農業を営んだ父は、郷土の英雄で足尾鉱毒事件と闘った田中正造翁を敬愛していた。口癖は「自分にうそをつくな」。そのせいか、田中は節を曲げるのが何より嫌いだ。


 地元の高校を卒業後、最初は憧れだった航空会社に入り、整備士の見習いになった。だが備品を持ち帰るなどの“不正”が横行する職場に嫌気がさした。「不正と対決できる仕事はないか」。そう考えて、第二の仕事に警察官を選んだ。


 巡査部長で警務部勤務のころ、上司の課長が公用車をひどく乱用していた。

やはり悩んだあげく、警務部長に事実を伝える手紙を書いた。手紙を官舎に届けたら退職しようと考えていた。長女を身ごもっていた妻は泣きじゃくって反対したが、止まらなかった。

このときは警務部長が「僕に任せてくれないか」とすべてをのみ込んで、改善してくれた。
 警部時代には、大手警備会社ヘ行政処分を執行する直前に上司からストップがかかった。

警備会社のトップと警察庁上層部に何らかの取引があったと直感し、徒手空拳で警察庁に乗り込んだ。キャリア官僚を相手に直談判し、「時期を遅らせただけだ」という文言を勝ち取った。

後に警備会社は「指示処分」を受ける事態となった。

 こうした経験から、田中は「警察とは想像していたよりずっと懐が深い組織だ」という感慨を持っていた。

そうした組織で働けることに誇りと喜びを感じていた。ところが、今度ばかりは、その信頼が裏切られたのだ。

 告発から一年半が経過した今年八月三十一日、さいたま地検は元学校長らを不起訴処分(嫌疑不十分)とした。

元校長らに現金が渡った事実は事務員の証言などから疑いようもなかった。

だが地検は「(元校長らが)不法に自分のものにしようとした意思が認められなかった」と説明した。
 「職員の飲食に使った」という元学校長らの説明は、金額などに不審な点が多かった。だが地検はお金の使途の詳細に言及することもなかった。


 田中を支える弁護士の清水勉は「百万円を超えるお金が職員の飲食に使われた形跡はない。仮にそうだったとしても、現金が副校長に渡った時点で犯罪は成立しており、お金を何に使ったかは、情状の問題であって、犯罪の成否の問題ではない」と地検の判断に疑問を投げかける。
 近く検察審査会への審査申し立てに踏み切るつもりだ。
 田中は語る。


 「三度警察学校に勤務して、この学校では教えられていないことが、ひとつあると知りました。それは本当の意味での“倫理”です。

『天知る、地知る、子知る、我知る』。警察官は何より清廉でなければならない。

また公務員には不正を告発する義務がある。

見て見ぬふりをするだけで、市民を裏切っています。

この一件が片付いたら、本当の意味での引き継ぎがしたい。それで晴れて退職です。その晩は、少し飲ませてもらいましょうか」
(坂本充孝、敬称略)

東京新聞 2009年9月28日号


こちら特報部 へこたれない人々 前任者を告発 元埼玉県警察学校長・田中三郎さん(62)
http://ameblo.jp/womanrightsjapan/entry-11940704291.html



-------------------


埼玉県警察学校の元校長が前任者ら3人を業務上横領で刑事告発
http://ameblo.jp/womanrightsjapan/entry-11940703220.html






元埼玉県警察学校校長の田中三郎氏(元警視長)が、校内にある業者から校友会への上納金の一部の使途が不明だとして、当時の副校長らを
横領の罪で07/12/6付けで告発しました。(ホームページ掲載に当たり、一部仮名にしています)。PDFはこちら。
http://www.ombudsman.jp/policedata/071206.pdf

なお、田中氏の告発を「明るい警察を実現する全国ネットワーク」が支援しています。
また、今回の告発について、「市民の目フォーラム北海道」ページに原田宏二氏が述べています。http://www.geocities.jp/shimin_me/keisatukanren1.htm#19.12.8




・埼玉県監査事務局 平成18年度随時監査結果(平成18年6月30日公表)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A32/BD00/kansa/kansakekkazuiji18.htm




・埼玉県警察
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/




・明るい警察を実現する全国ネットワーク
http://www.ombudsman.jp/akarui/
--


2007/12/07 14:51 北海道新聞
埼玉県警・警察学校で横領 元警視長が地検に告発
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/64669.html




2007年12月07日 朝日新聞
県警察学校 刑事告発、助成金問題の経緯
http://mytown.asahi.com/saitama/news.php?k_id=11000000712070002




2007年12月7日 朝刊 東京新聞
【社会】『売店の納金流用』 埼玉県警元幹部 元警察学校長らを告発
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2007120702070336.html




2007年12月7日(金) 埼玉新聞
「元校長らが横領」 元県警幹部が告発 警察学校助成金
http://www.saitama-np.co.jp/news12/07/02x.html




2007年12月7日1時10分 読売新聞
埼玉県警察学校の元校長、前任者ら3人を業務上横領で告発
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071206i418.htm?from=main4




2007年12月06日22時54分 朝日新聞
元警察学校長、埼玉県警幹部らを告発 業務上横領容疑で
http://www.asahi.com/national/update/1206/TKY200712060332.html




12月6日22時52分配信 毎日新聞
<埼玉県警察学校>元校長が前任校長らを業務上横領で告発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071206-00000156-mai-soci




2007年12月6日17時55分 ニッカンスポーツ
元警察学校長ら3人を告発
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20071206-292127.html




2007.12.6 17:50 産経新聞
「売店に上納金を納めさせ、私的流用」と元警察学校長ら告発 埼玉
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071206/crm0712061750033-n1.htm


引用元: http://ombuds.exblog.jp/6695659
 

宇宙法

 投稿者:甲斐素直  投稿日:2012年10月31日(水)05時02分35秒
   残念ながら、日本大学法学部では宇宙法の講義は行われていません。学生の皆さんからの要望が高まれば、学務委員会でも検討すると思いますが、現在の所、特に要望が出ているという話はないようです。  

宇宙法について

 投稿者:浅井 勝利  投稿日:2012年10月 9日(火)21時57分2秒
  シラバスで調べた限りでは見つからなかったんですが
日本大学法学部で宇宙法を相互履修制度を活用し、
履修できる授業は行っていますか?

nemuikasy@yahoo.co.jp

 

私にメイルを下さる方へ

 投稿者:甲斐素直  投稿日:2012年 7月 8日(日)15時38分39秒
   この掲示板を経由して、私にメイルを下さる方へ。
 そちらの方から、私のメイルアドレスが見えないように、掲示板経由で単にメイルを下さると、私の方からも、そちらのメイルアドレスは見えません。メイルを下さる際には、文中にメイルアドレスを付記して下さるよう、お願い申し上げます。そうでないと、返事が出せないのです。
 

旧司法試験過去問解説

 投稿者:甲斐素直  投稿日:2012年 4月14日(土)08時52分11秒
   このホームページは、基本的に現在のゼミ生が、ゼミで取り上げて欲しいと希望した問題に対して、説明手段として作成したレジュメをアップロードしているものです。したがって、特に旧司法試験過去問解説というものをアップロードしている、という事は、現在においても過去においてもありません。ただ、ゼミ生が新旧を問わず、司法試験問題そのものを取り上げて欲しいと希望した例はかなりあり、それについては、結果として司法試験問題解説になっています。昨年の例をあげると、昨年12月16日では平成2年旧司法試験問題を、11月18日には平成5年度旧司法試験問題を、そして7月8日には平成6年度司法試験問題を、6月24日には平成18年度旧司法試験問題を、それぞれ取り上げています。だから、丹念に見ていけば、あるいは年度か何かで検索をかければ、かなり見つかるはずです。  

旧司法試験の憲法過去問の解説などが掲載されていたページ

 投稿者:学外のもの  投稿日:2012年 3月26日(月)18時30分46秒
  すいません。学外のものですが

旧司法試験の憲法過去問の解説などが掲載されていたページはどちらにいったのですか。

またお世話になりたいと思っていますので、再び掲載していただけると感激です。
 

質問への回答

 投稿者:甲斐素直  投稿日:2012年 1月22日(日)08時52分32秒
編集済
  1月20日に次の様なメイルが、この掲示板経由で届きました。
「お忙しいところ失礼いたします。このメールが届いているのかどうか分からないのですが、甲斐ゼミナールの通常活動のファイル2007年 冬休みの合宿(30)の解説はリンクされていません。2011年度 1月20日(30)もリンクされておりません。出来ましたら上記2件の事案について解説を掲載していただけないでしょうか。大変勉強になっております。
 またこのゼミナールのファイルは憲法演習ゼミナール読本に詳述されているのでしょうか。」
発信者のメイルアドレスが不明なので、ここで回答いたします。
 前者については、なるほどファイルがアップロードされていなかったので、今し方アップロードいたしました。後者については気が早すぎるので、本日、アップロード致しました。
 さて、「憲法演習ゼミナール読本」ですが、これはこの「甲斐ゼミナールの通常活動のファイル」をまとめて書籍の形で刊行したものですので、基本的には同一と言えます。ただ、同書は2008年に刊行したもので、その内容は基本的には2002年から2007年前半位までのゼミ活動の内容をまとめたものなので、最近時のものとは重複していません。また、体系的に整理して並べた際に、できるだけ内容の重複を省き、価格を押さえる努力をしていますから、その点でも違いが出ています。また、読み直して、わかりにくい点には筆を入れて入れ、誤植等を覗いているという違いもあります。つまり、ゼミ活動の方は、悪までもその時点におけるゼミ生の理解力というものに焦点を当てたピンポイントの解説です。それに対し、読本の方は、体系的整理がしてあります。したがって、体系的理解を目指すなら、同書の方が、はるかに優れていると思います。、
 

財政法判例研究会

 投稿者:甲斐素直  投稿日:2012年 1月18日(水)11時11分25秒
  次回の財政法判例研究会は、財政法学会が3月17日に開かれるので、常例と異なり、その翌日の日曜日すなわち3月18日午前10時より行います。場所も、いつもと違い、日本大学法学部三崎町校舎3号館2階326講堂ですので、お間違えなきようお願い申し上げます。
 この研究会は、どなたでも希望者は出席できますので、ふるってご参加下さい。
 

レンタル掲示板
/15