teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


GW

 投稿者:三ツ木健  投稿日:2017年 4月29日(土)11時57分41秒
  ゴールデンウイークに突入しました。若いころは待ち遠しかった連休もこの年になると待ち遠しくなくなり、医療機関が休みに入るのでかえって不安な連休といえます。昨年末も、歯医者にかかったら年末ぎりぎりに僧帽弁閉鎖不全が発見され、開いている医療機関を探して右往左往しました。今年のゴールデンウイークは1、2日が平日なので少し救われますが、それでも長いお休みは疾患を抱える身としては不安な日々を送ります。  
 

頻脈性不整脈

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 4月 2日(日)22時09分43秒
  妻が頻脈性不整脈。昨日の夕方から発症しました。私も浜田山にいるとき、頻脈性不整脈を起こしたので、妻の気持ちはよくわかります。私の場合は生食を点滴され、看護師と他愛ない話をしていたら20分ほどで治りましたが、妻の場合は長いので気になります。しかし、この心臓パレード、まさか昨年、クマリンでネズミ退治をした祟りではないかと気になります。
ところで執筆の方は長いのが2本、リメイクが1本あり、忙しくなりました。
 

まだまだ

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 3月23日(木)23時09分29秒
  普通の動きはできるのですが、昨日はやけに息が上がり、少し貧血気味なのかな?と思いました。今日、ご近所の方が見えてお話をしていたら、ふと息が上がっていました。午前中に歯科医へ(昨年歯肉切開した歯医者とは別の)行きましたが、階段を登っても行き一つきれなかったのにです。あるいはメンタル的な部分がやられているのかもしれません。そりゃそうです。昨年の11月まではピンピしていて、心臓の手術など考えも及ばなかったのですから。この3ヶ月で三ッ木の考え方は180度変わったのです。
その1 医者を信用しない。
その2 医者を選ぶときは慎重に。
その3 特に超々進学校出のご近所の町医者は絶対に信用しない。
その4 歯医者は下手にかかると命取りになる。
その5 歯医者は医科歯科か東京歯科大学以外は信用しない。特に危ない日本や鶴見。
以上5カ条を肝に銘じましょう。
 

退院、リハビリ

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 3月10日(金)22時22分11秒
  日曜に退院し、現在はリハビリに取り組んでいます。今日、術中のビデオが届き、息をのんで画面を見つめました。僧帽弁は柔らかく、腱索も繊細で心臓は実は繊細な臓器だと思い知らされました。こんなにも繊細で美しい臓器を一瞬で壊した歯医者を三ッ木はなんとかして懲らしめようと、今策を練っています。また、状況が変化したらご報告いたします。  

明日、退院します。

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 3月 4日(土)15時16分40秒
  手術はゴッドハンドこと、渡邊先生のメスのお陰で成功した。24日の手術後、翌日には粥食ながら昼食がとれ、歩行のリハビリも始まった。驚異だ。普通心臓の手術となると入院一月リハビリ3月だが、ここ浜田山では術後10日で退院となる。奇跡だ。保険が効かないという難題もあったが、広い個室に入れてもらい、上げ膳据え膳で、術後の、ほんのわずかだったが辛い思いが癒された。これで税別350は安いか高いか、その人の懐の事情によるが、超最先端医療が受けられて広い部屋で10日ばかり過ごす。価格相応だと思った。いずれにしても明日、5日に久しぶりに下町へ帰る。また、忙しなく落ち着かない日常が始まるのだ。  

入院します

 投稿者:三ツ木健  投稿日:2017年 2月 3日(金)18時45分15秒
  2月24日に感染性心内膜炎による僧帽弁閉鎖不全症の手術のため、浜田山のニューハートワタナベ国際病院へ22日に入院します。生きて帰ってこれたら書き込みます。じゃあ、ひょっとしたら来世であいましょう。  

切るんだったら

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 1月24日(火)02時03分41秒
  ちと遠いが金沢へ行くよりマシか。浜田山のニューハートで切ることにする。ニューハーフじゃない。都内にゴッドハンドの医師がいることに感謝。  

レベル3

 投稿者:三ツ木  投稿日:2017年 1月15日(日)01時56分28秒
  逆流レベルは3だった。月曜にsecond opinionで都内西部へ行く。小旅行だ。  

僧帽弁閉鎖不全症

 投稿者:三ツ木健  投稿日:2017年 1月 5日(木)17時40分57秒
  僧帽弁閉鎖不全症で逆流があるという。これは、心内膜症ならば重篤だが抗生剤が有効だ。だが、あらかたの医療機関が休みに入った年末年始の発見だったため、気がもめる。カルシウム沈着性の僧帽弁閉鎖不全症なのか、疣贅が付着したために起きた心内膜症なのか、早く最終診断が知りたい。11日が診察日なので突っ込んだ質問をしてみるつもりだが、なにしろ場末の映画館のような施設だったので、的確な診断は望めない。運を天に任せるにはまだ若すぎる。  

心臓に異常

 投稿者:三ツ木  投稿日:2016年12月29日(木)00時10分23秒
  昨日、一月ぶりに掛かり付け医へ行ったら、心臓に雑音があると言われ、凹む。一月前の診察ではなにも言われなかったのだ。帰宅してから自前の聴診器で音を聞くと、明らかに違う。ザーッザーッという音で間違いなく異常だ。三月前、夜中にトイレに立つとやたらてと足が重かったのが心臓に異常があったからとはつゆともしらず、歯医者で歯肉をレーザーで削られたりして、心臓の負担が増したのだ。もう、このサイトもそう長く続けられないかもしれない。  

レンタル掲示板
/14