teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:197/261 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ドラえもん最終回-藤子不二雄作の本物3 #2/2

 投稿者:もんもんもーん。メール  投稿日:2004年 3月18日(木)22時38分20秒
  通報
     外はお月さまがきれいだ。
   ドラえもんは言う。「のび太くん……本当にだいじょうぶかい?」
  「何が?」とのび太。

  「できることなら……帰りたくないんだ。きみのことが心配で心配で……。ひ
  とりで宿題やれる? ジャイアンやスネ夫に意地悪されてもやり返してやれ
  る?」
   心配するドラえもんに、のび太は答えた。
  「ばかにすんな! ひとりでちゃんとやれるよ。約束する!」
   その言葉を聞き、ホロリとするドラえもん。ドラえもんはのび太に涙を見せ
  まいと、
  「ちょ、ちょっとそのへんを散歩してくる……」と言って走り去った。

  「涙を見せたくなかったんだな。いいやつだなあ」
   ひとりになったのび太は、いつもの空き地の土管に腰掛けた。
   すると、そこに眠りながらフラフラと空き地の前を通っていく男の姿があっ
  た。
   ジャイアンだ。ジャイアンは、ときどき寝ぼけて夜中に散歩をするくせがあ
  る。

   …とその時、ジャイアンはハッと目を覚ました。
  「だれだっ。そこでにやにやしてるのは! なんだのび太か。
   おれが寝ぼけてるところをよくも見たな。許せねえ!」
   ジャイアンはのび太の胸ぐらをつかむと、思わずのび太は叫んだ。
  「わあっ、ドラ………」
   しかし、ここでドラえもんを呼ぶわけにはいかない。のび太は口に手を当て
  た。

   のび太はジャイアンに言った。
  「けんかならドラえもんぬきでやろう」
  「ほほう……えらいな、おまえ。そうこなくっちゃ」
  ジャイアンはボカッと一発、のび太を殴る。完全に吹っ飛ぶのび太。

   
   一方、ドラえもんは、さっきのび太に助けを呼ばれたような気がしてならな
  い。
   心配になったドラえもんは、町中を走り回ってのび太を探すが、見つからな
  い。
   先に帰ったのかなと思って家に帰ってみたが、やはりのび太はいなかった。

   空き地では、ジャイアンはのび太を殴り続けていた。
   ボロボロになって完全にのびてしまったのび太。
  「どんなもんだい。二度とおれにさからうな」
   しかし、のび太はしつこくムクッと起きあがり、ジャイアンに言った。
  「待て! まだ負けないぞ」
  「なんだおまえ。まだなぐられたりないのか」
  「何を。勝負はこれからだ」
   さらにガツンと殴られるのび太。

   
   ドラえもんは、家でのび太の帰りを待っていた。
   しかし、まだ帰ってこない。あれから既に一時間もたっている。
  「どこで何してんだ。最後の晩まで人に心配かけて」 とドラえもんはのび太の
  ことが気が気でならなかった。

   
   さらにジャイアンはのび太を殴り続け、再びのび太はダウンする。
   ジャイアンは息を切らしながらのび太に言った。
  「ふう、ふう。これでこりたか。何度やっても同じことだぞ。はあ、はあ、い
  いかげんにあきらめろ」
   帰ろうとするジャイアン。
   しかし、のび太は最後の力でジャイアンの足にしがみついて言った。

  「ぼくだけの力できみに勝たないと……ドラえもんが……安心して……帰れな
  いんだ!」
  「知ったことか!」
   更にのび太をぶん殴るジャイアン。

   
   その時、ドラえもんは、まだ家でのび太の帰りを待っていた。
   しかし、のび太は帰ってこない。
  「ただごとじゃないよ、こりゃ」と不安になったドラえもんは、再び外へのび
  太を探しに行った。
   すると……空き地に、ボロボロになりながらジャイアンと戦っているのび太
  の姿があった。
   のび太は帰ろうとするジャイアンをしつこくつねっている。
  「いてて、やめろってば。悪かったおれの負けだ。許せ」
   ジャイアンは逃げ帰った。

   ドラえもんは、のび太にかけよった。
   のび太は全身アザだらけの姿でドラえもんに言う。
  「勝ったよ、ぼく」

   のび太は、ドラえもんの肩に抱かれながら言った。
  「見たろ、ドラえもん。勝ったんだよ。ぼくひとりで。もう安心して帰れるだ
  ろドラえもん」

   家に帰り、布団に入って寝るのび太。そしてその寝顔を、涙を流しながら見
  つめるドラえもん。
   翌朝、のび太が目を覚ますと、すでにそこにはもうドラえもんの姿は無かっ
  た。

  ママ「ドラちゃんは帰ったの?」
  のび太「うん」

   ガランとしてしまった自分の部屋で独り、座りながらのび太はつぶやく。
  「ドラえもん きみが帰ったら部屋ががらんとしちゃったよ。でも……
   すぐになれると思う。だから………心配するなよドラえもん」
             
             【おわり】
 
 
》記事一覧表示

新着順:197/261 《前のページ | 次のページ》
/261