teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:169/261 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

完全なる敗北・・・。

 投稿者:もんもんもーん。  投稿日:2005年 2月19日(土)05時40分10秒
  通報
  一番下の娘の誕生日会は、無事終了しました。
現地の子が5人で全部で6人。これでも大騒ぎでした。
みんな楽しみ、喜んで帰ってくれました。

が、後に残ったのは、大きな敗北感でした。

内容は、午後3時から午後7時までの4時間、我が家に招待。
先ず、誕生ケーキを食べ(大きすぎて残った)、
ぬりえ、折り紙と準備したお楽しみを順調にこなし(楽しんでました。)、
次は、プロジェクターで大画面の映画鑑賞「ピーターパン」。
途中で飽きるかと思ったら以外にも集中して最後までみてました。
こちらは、その間にいよいよ料理です。
メニューは、結局
日本式カレーライス、鳥のから揚げ、焼きそば、プチトマト、ポテトサラダ、
そしてポテトフライ(これだけは冷凍のものでレンジでチン)。
映画が終了し、これを一つの皿にもってだしました。
そしていよいよ、実食!
と・こ・ろ・が、 ”食べない!””全然食べない!”・・・手もつけない。
映画の途中でI am big hungry. (こんな表現があるんですね)と言っていたのに
”食べない!”
食べたのは、レンジでチンのポテトフライとから揚げを食べた子がちょっといたぐらい。
カレーライスなんて味なんて関係ない、口に入らないのだから。
ちきしょー。

・・・でも、この子たちは、間違っていると思った。
食生活がよくない。普段から当たり前のようにクリスプス(ポテトチップスのこと。
映画の時に出したら全員完食。)やポテトフライなどの油物、肉をよく食べているらしい。
甘いものも多く、強烈に甘い。
それに、いろんな人種も考え方もあるので他人には食を強制せず、
自分も嫌いなものは食べない。(好きじゃないと平気で言うし。)

我が家の子供には、好き嫌いは絶対に許さないので当惑しました。
それに出されたものに手をつけないのもいかがなものかと思う。
あらかじめ宗教的な理由など食べられないもは聞いておいたので
単に食べたくなかったとしか思えない。
(言い方は悪いですが)英国の飽食で乱れた食生活の結果、
街に歩いている人は、ポチャリのお腹ばかり。
多くの若い女性は、お腹を出す服を一年中着ていますが、
見えてるお腹はボテっと。隠しもしない。

・・・なんだかなぁ。やっぱり、良くないですよねぇ。

追記
言い訳ですが、誕生日会の後の食事のとき
同じ料理を一番目と二番目の子が、暴れ食いしていたので
味は悪くなかったと思う・・・。
自分で食べてもまぁまぁ・・・。
 
 
》記事一覧表示

新着順:169/261 《前のページ | 次のページ》
/261