teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:9/26 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2005年 6月 8日(水)18時05分49秒
  通報
  知らなくても困りませんが、知っていると氣功の説明が理解しやすいです。


*陰陽五行説*中国哲学の考え方。

陰陽・・この世に存在する全ての物は「陰」「陽」相対する二つの性格に分ける考え方。

五行・・万物を構成する要素を「木」「火」「土」「金」「水」と捉えそのエネルギーによって、物質は消滅・形成すると言う考え方。



*精・氣・神*人体。。

精・・人間の身体を成長させる物質的なもの。

氣・・体内を流れるエネルギー

神・・意識、魂。。


*経絡とツボ*

経絡(けいらく)・・人体において「氣」が運行する通路。。全身にくまなく流れている。12経絡が著名である。この流れが滞ると病気になる。

ツボ・・経絡を電車の線路にたとえると、ツボはその上にある駅(ステーション)であるといえる。


*丹田*「上」「中」「下」がある。

『丹』とは、もとは水銀のことを指す。不老不死の薬であると考えられていた。このことから、体内で氣を集めて不老不死を編み出すと言う考えから、名づけられた。

そのなかでも、「下丹田」が氣功をする上でよく使用される。場所は諸説あるが、大体の目安としておへそから握りこぶし一つ分下と考えるのが一般的である。


*練功*氣功を鍛錬すること。あるいは、氣功をすることの意味でよく使用される。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/26 《前のページ | 次のページ》
/26