teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:2/773 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第3話

 投稿者:よっちょ  投稿日:2016年 3月17日(木)00時58分53秒
  通報
  第2話を書いた夜に、さっそく不可思議なことが起こったよっちょです(^_-)
最近の霊はスマホ持ってるんですかね~(;・∀・)
それはさておき、始めますか~

恐怖の一夜を乗り越えた翌日、昨晩の出来事を思い出してみるとなぜか2つのイメージが浮かぶんですよね~
1つ目は頭の辺りに立ってる数人の黒い影。
2つ目は体の上を歩いてたのはおかっぱで着物を着た女の子。
とりあえず影は無視して、女の子は座敷童だと思うことにしましたね。
そして夜、なんやかんやで時計は1時過ぎ・・・
こうなれば逆に、昨晩と同じ時間に寝てやろうと思い布団に入ったのが1時半。
ものの数十秒でしたね、ささやき声とも風の音とも知れない雑音が聞こえてきたのは・・・
そして上下の揺れ、どちらも徐々に大きくなり、今夜もかよ!と思いつい「今日は勘弁しろ!」と声に出してしまいましたね。
そしたら、今度は雑音も揺れも徐々に弱くなっていき最終的に治まってしまいましたね。
「おっ聞き分けがいいな♪」と思いその日は即爆睡。
翌日も小さな揺れを感じましたが爆睡。
そしてその後もちょいちょい雑音や揺れがあったのですが、ほぼ無視して爆睡こきました。
そして怪奇現象が起こらなくなり、すっかり油断した約一カ月後の6月末に奴らはやってきました・・・

全3話と言っときながら、かなり長くなってきたのでもう1話追加します(^-^;
たぶん最終回をお楽しみに~(≧∀≦)ノシ
 
 
》記事一覧表示

新着順:2/773 《前のページ | 次のページ》
/773