teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:1/773 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

最終話

 投稿者:よっちょ  投稿日:2016年 3月31日(木)09時51分8秒
  通報
  先日も、午前3時にはないだろうという音が聞こえたよっちょです(^_-)
気づかないだけで、しょっちゅう起こってるのかも(^-^;
それでは最終話スタートです。

油断していた6月末、その日は寒くて布団を被って熟睡してたんですが、足を持ち上げられる感覚で目を開けずに意識だけ目が覚めました。
伝わってくるイメージは、右足のつま先をあのおかっぱの女の子が持ち、左足のつま先を別な女の子が持って、上下に振ったり左右に交差させて遊んでるようなんですね~
さらに、腹を踏みながら左右に行ったり来たりする落ち着きのない男の子。
さらにさらに、胸の上であぐらをかいてるガキ大将風な男の子とお祭り騒ぎでしたね。
ただ一分弱と短いお祭りでしたが。
それ以降なくなったので打ち上げだったのかな?と思ったりしましたね~

しかーし11月末の深夜、ある音で目が覚めました・・・
あくまでイメージですが、10cmぐらいの綿の塊が俺の2mぐらい上を、頭の方から足の方に向け部屋を突き抜けて無数に飛んで行ってるような音でした。
そして頭の辺りに数人立ってるような気配。
さらに、足元にしゃがんでるおそらくはおかっぱの女の子。
状況を確認しようと上半身を起こそうとしたら、足元の女の子が体の上を走ってきて胸を押さえるように四つん這いになりました。
その状態でしばらくすると音が段々まばらになり、音も気配も無くなると胸の重さも消えて静寂が訪れましたね。

今までとは雰囲気が違った今回の怪現象で二つのことがわかりました。
一つ目は、おかっぱの女の子はおそらく俺を守ってくれてる存在だということ。
二つ目は、これが俺自身かなりゾッとしたんですが・・・ナイショです(^_^;
どーしても知りたい方はお花見に参加してくださいね~(^m^)

という訳で長々とご愛読ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
》記事一覧表示

新着順:1/773 《前のページ | 次のページ》
/773